2006年05月04日

関東聖会に行ってきます!! -日記-

 関東聖会に行ってきます!!

 新潟グレイスチャペルが属する、

 アッセンブリー・オブ・ゴット教団が、

 関東地区の教会のメンバーを集め、

 聖会(共に神様について学ぶ会)を行います。

 沢山の教会から大勢の人が集まります。

 ユース(若者)向けの礼拝もあるようなので、

 わくわく(もちは若くありませんが…。)

 帰ってきたらご報告できればと思います。

 簡単ですがご報告、

  今回の北関東聖会は、東京都足立区の会場で行われました。

 約500名程の会場に満員ではありませんが、

 沢山のクリスチャンが集まりました。

 第一聖会は、「ユースチャレンジ」

 若者向けのかなり元気のいい賛美を歌い、

 メッセージも若者向け、

 メッセージの中での言葉遣いが、

 若い人たちの言葉を意識していて、

 内容も難しい言葉は一切無く、

 誠実に情熱的に語られる先生でした。

 最も印象的だったメッセージは、

 「愛」には犠牲が伴う、

 「愛」とは自分を傷つけても良いと言う許可を与える事、

 十字架のイエス様がそうだったでしょ?

 の部分。更に、

 僕たちが罪を愛し罪を喜んでいる状態の時に、

 イエスは十字架にかかりいのちを捨てたでしょ?

 更に、

 イエスは今も多くの人にその行為を無視されている、

 「勝手にやったこと、」

 「わたしには関係ない」

 それでも、

 そういっていたあなたの為にいのちを捨て、

 今も待ってるのでしょ?


 とても力強く方って下さいました。

 涙を流しならが聞いていた若い人も多くいらっしゃいました。

 もちも思うのです。

 今の若者と呼ばれる世代も多くの大人同様、

 本物の愛を知りたいと願っていると思いました。

 かつてもちもそうでした。

 世の中、周りの人、自分への不信感、

 そんな中でも、

 自分のことを常に支え、見守り、愛してくださる方がいる。

 イエス様との出会いはすばらしいと再確認させされました。


 第二聖会

 有名な伝道師を講師に向かえ、

 「炎」をテーマにメッセージを語ってくださいました。

 講師の先生の証がすばらしかったです。

 先生を通して働かれた神様がすばらしかったです。


 先生が12歳の時に、11歳の友人が亡くなりました。

 それから自分も死ぬ事を真剣に考え決意し、

 お寺に2年間修行を積みました。

 神主さんにもうそろそろ死に対する解決を教えて下さい。

 2年も頑張ったから少しは良いと思っていたら、

 「死んでみなければ分からない。」

 と言われました。

 それならばと

 「ためしにやってみます。」と遺書を残し、

 もう一度お寺に向かう途中で、

 偶然(神様の計画)に、

 クリスチャンの友達に会いました。

 友人「どこえいくの?」

 先生「人生を全く変えることを今すぐ体験したいんだ。」

 友人「それなら俺が知っている!」

 クリスチャンの友人は力づくで教会の集会に連れて行きました。

 そこで語られたことは、

 @神は唯一であること。
 A人は罪を持っていること。
 B信じるだけで救われること。
 C今も生きて働かれる神であること。

 これを聞いた先生は、

 「これだ!!」

 今まで聞いたものと全く違う、

 「神は実にその一人子をお与えになったほどに世を愛された、

  それは御子を信じるものが一人も滅びることなく、

  永遠のいのちを持つためです。」ヨハネ福音書3:16


 その時、

 涙を流しながら悔い改め、

 イエス様を受け入れたそうです。

 その時、教会の役員の方に、

 信仰は感情でなく意思によるものだから、

 「聖書の言葉を一つでも握りなさい。」

 と言われたそうです。


 まだ続きますが、

 今回の講師の有賀先生は、

 情熱的に力強く、明確に語られるので、

 その内容を一回聞いただけでも、

 覚えられるようなメッセージでした。


 沢山の恵みを頂いて、

 帰ってきました。

 今回もこのような機会を与えられて、

 主に感謝します。

 ここに、報告できる事も感謝です。

posted by もち at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
関東聖会のメッセージは本当に素晴らしかったですね♪
とても分かりやすかったし、大きな励まし、そして悔い改めにもなり・・・韓国旅行空けで疲れていたけど・・・無理しても行って良かったと思います。
もちさんも車の運転才 ゙ノ 力 ν一(*'ー'*)ノ~~゚.+:。☆・゚:*:゚でした!!いつもありがとう!!
Posted by うーさん at 2006年05月05日 23:05
 うーさん こんばんは!
 お二人の講師どちらもすばらしい、メッセンジャーでした。うーさんも運転頑張ってくれました。ありがとう。 しかし、うちのマーチ号も頑張ったね! あの狭い車に5人も乗せて、でもまだまだ大丈夫そう?
Posted by もち at 2006年05月06日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/639338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加しています。
二つのランキングをメインにしていますので、
ワンクリックの応援よろしくお願いします。
       ブログランキング・にほんブログ村へ

新潟Blog!! トップページへ >>