2006年04月03日

日曜日は教会に!! -新潟グレイスチャペル-

 日曜日は教会に!!

 そんなにキリスト教の教会っていいところなの?

 はいっ!

 とってもいいところです。

 20060403nitiyouha2.jpg
  ↑教会学校のメンバー!!(顔は見えないよね?)

 今週は宣教礼拝ということで、

 現在の日本の状況、

 世界ではクリスチャンは沢山いるけれど、

 この日本では、本当に少ない、

 日本全体でも20万人位、

 新潟県には93のキリスト教会があるそうです。

 日本全国でも少ない方なんだそうです。

 しかし、

 神様の時に、必ずリバイバルが起されると期待します!
 

 今日は写真にもありますが、

 学生の祝福ということで、

 昨年度一年間の、皆勤賞、精勤賞の授賞式が行われました。

 ちなみにもちの担当しています中学生男子は、

 主要メンバー4人みんな皆勤賞だったので、

 自分のことのように嬉しかったです!!


 それから、

 進級式も行われ、

 小から中、中から高、高から大と、

 進級される子供たちが祝福されていました。

 20060403nitiyouha1.jpg
 ↑ 総勢20名ほどでしょうか(顔は見えないよね)

 牧師先生は言っていましたが、

 「子供たちは教会の宝です。」

 とおっしゃていました。

 本当にそうだと思います。

 この子達が、イエス様に従って歩む生涯は、

 神様が大いに祝福し、

 また主が共に歩んでくださる人生を若い日から、

 行ってゆける事は大きな特権だと思います。

 しかしながら、

 私たちも主に愛され、

 主に従うものとして、

 日々を送ってゆきたいと思います。


 そういえば、

 お昼になったら、

 色々な楽器を使って何かやっていたような、

 もうすぐ「イースター」復活祭で、

 その準備かな?

 教会は色々なイベントも沢山です。


 「教会はキリストのからだであり、

  いっさいのものをいっさいのものによって

  満たす方の満ちておられるところです。」

 エペソ1:23
 

 主よ教会で受けることのできる恵みを感謝します。

この記事へのコメント
新潟で、お若い方がたくさんいらっしゃる教会だなんて感謝だね。すばらしい。そして、神様は本当に子供を大事にします。

でも、俺がつい最近思い知らされたのですが、子供にあまり注意がいきすぎるのもよくない。子供と神様どっちが大事かと言えば、よくわかるのではないでしょうか。それに、子供を自分の力で守ることに注意がいきすぎちゃって、神様に頼ることを忘れちゃうこともあります。実は、俺がその罠に陥ってしまいました。そうでなくても子供が好きだし、日本の教会学校でピアノ伴奏をしていたことで、子供が以外に大人の礼拝態度に敏感だということを知っちゃいましたからね。

あと、リバイバルは俺も祈っていますよ。そして、頼りになる祈り人をまた一人獲得しそうです。びっくりです。

でも、日本はクリスチャンの人口そのものは少ないと言っても、勢いだったらアメリカを上回っていると思いますよ。計算してみたんだけど、アメリカだと人口の4分の3が洗礼を受けていて、全米の人口4分の1がまともに教会に通っているって前聞きました。ということは、活躍/洗礼は3分の1。一方日本じゃ、活躍/洗礼は6割みたいです。俺も1時帰国したとき、日本の教会の勢いには驚きましたよ。
Posted by はなけん at 2006年04月04日 11:04
こどもは教会の宝です、といってくれる教会でほんと感謝です。うるさくしつけのなっていないわが家の子供たちも、教会の中でのびのび育ってくれるとよいな♪
Gakuはもちさんファン!Teruももちさん見つけると走りよっていきます。親だけでなく教会のいろんな年代の人たちにかわいがられ、良い意味でしかられていることは教会でないと味わえないことかもしれませんね。

次の世代がいる教会、夢があります♪
Posted by なすこ at 2006年04月04日 19:46
 はなけん こんばんは!
 日本にリバイバルが訪れることを共に祈り続けましょう! 色々な見方ができるんだね。 日本の場合アメリカと違ってクリスチャンは少ないから、雑草のようにたくましくなるのかな? 一人一人のクリスチャンが更に強められ神様に用いられるようになるのだろうね。
Posted by もち at 2006年04月05日 00:41
 なすこさん こんばんは!
 GakuくんかTeruくんが、水疱瘡って聞きましたけど大丈夫でしょうか? お母さんはお子さんがどんなに弱っていても、心配で、早く元気になって欲しいと一緒にいてあげるのでしょうね。 また教会で、元気なお二人に会えるのが楽しみです。では、
Posted by もち at 2006年04月05日 00:45
お久しぶりです(^∀^)
すごく明るい雰囲気ですねヾ(〃^∇^)ノ
しかも平均年齢はかなり若そう(´艸`)
せっかく紹介して頂いたのに今はなかなか…f^_^;)
興味津々なんですけど朝出かけて変更線前後に帰宅なもので(>_<)
でもこんな明るい教会なら早く行ってみたいです。。。
Posted by daisukichipmunk at 2006年04月05日 01:03
言葉足りずですいません(゜O゜;
『日曜日は教会に!!』ではお久しぶりです。が正しいですね(・・;)
Posted by daisukichipmunk at 2006年04月05日 01:19
 daisukiさん こんばんは!
 新潟グレイスチャペルはとても明るい教会ですよ。 写真は子供たちが並んだところなのですので、 席に座っている大人も含めると高齢の方らから、中高年、若い人、バランスよくいろんな方がいらしています。 教会は、なかなか 初めて足を運ぶのは大変なことと思うので、無理なさらず、機会があったら是非!です。
 もち的には、daisukiさんには毎日会っているような感覚ですが…。では、
Posted by もち at 2006年04月06日 00:27
日本のクリスチャンは確かにたくましいですね。いろいろ肩身の狭い思いをしている分だけ、自分達が何を伝えたいかがはっきりしています。また、神様は必要な知恵も与えられていますね。

ただ、これも俺の回復の段階で思わされました。日本のクリスチャンってプライドが高すぎかも知れません。俺はその中でも特にそうです。それで自らを潰したり、人を躓かせたりすることがかなりあるかもしれません。
Posted by はなけん at 2006年04月06日 12:44
 はなけん こんばんは!
 日本のクリスチャンってたくましいのか〜。 色々なクリスチャンをアメリカで見てるから、そう感じるのだろうね、もちは別にたくましいクリスチャンだなんて意識した事無いけどな〜。

 プライドが高すぎるのか〜、それも意識した事が無かったかも。でも、日本ではクリスチャンが、あまりに少ないから特別な存在みたいな思いが、プライドみたいになっているのかもしれませんね。でも、そういったことも主にゆだねて乗り越えて行きたいですね。
Posted by もち at 2006年04月07日 01:04
実際日本のクリスチャンって、自分達のアイデンティティを確立するための意思が強いんです。日本人では、人間関係を正しく保つ方法が、ノンクリスチャンの間ではあまり出回っていないみたいなんです。だから、いじめやお受験といったことが発生する。最もそうした世界から放り出された人がたくさんイエス様にすがるわけですね。俺もその一人。そして、神様を礼拝する他に楽しみを知らない人が、パワフルに伝道していくわけです。ただ、これは俺が特に気をつけなければいけませんが、神を知らん連中は所詮この程度かと変に未信者を見下してしまいます。また、神の力を得ている俺たちが、神に祈らない連中に負けるわけにはいかんとか変なプライドを持ってしまうのですね。

アメリカは、確かに親の虐待や、夫や彼氏の暴力といった人間関係のトラブルはあるにはありますが、基本的には人をよく受け入れいます。だから、日本みたいに強くイエス様につながることを要求されることは、日々の生活ではかなり少ないみたいです。また、人が楽しければ自分も楽しくなるという考えが日本よりずっと強く根付いています。だから、神様の外の世界でも、結構人が仲良くやっているのです。ただ、神様の世界の外だけに、それこそ何でもありということになります。文字通りヴァーリ・トゥードである現在のルールを存分に生かしているということです。皆さん楽しそうに見えるから、見えざる危険はわからないんだけど、聖霊様を受けると、それはそれはすさまじい世界だということがわかるわけです。
Posted by はなけん at 2006年04月07日 05:23
 はなけん こんばんは!
 様々な国でクリスチャンが活躍しているよね。アメリカでは多くの人がクリスチャンだから温度差も大きいのかも、日本でも多かれ少なかれ温度差はあると思います。日本のクリスチャンはとても少ないですから、雑草のような信仰?踏まれても踏まれても、のようにならざるを得ない、のかもしれません。
 しかし、中国のように迫害は無いから、生ぬるさも持ち合わせているかも、主のために熱くなりたいですね、聖霊によって。
Posted by もち at 2006年04月20日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/527172
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加しています。
二つのランキングをメインにしていますので、
ワンクリックの応援よろしくお願いします。
       ブログランキング・にほんブログ村へ

新潟Blog!! トップページへ >>