2006年01月29日

関越自動車道!! -新潟のいいところ?-


 関越自動車道

 をお出かけのため走ってきました。

 最近県外に出る事が少なかったのですが、

 この土曜日に県外の某所まで出かけてきました。

 関越自動車道を走ること1時間程、

 良く走るいつもの高速道路が・・・。

 20060129odekake1.jpg
  ↑雪の壁!!最も高かったあたりです。

 関越自動車道、長岡を過ぎたあたりから様子がいつもと違う。

 雪の壁が両側に立ちふさがっていました!!

 多いところで積雪3.8m。

 車で1時間も行かないうちに、

 こんな状況になっているとは・・・。

 20060129odekake3.jpg
 
 路面も除雪はしてありますが、表面は雪が残っていて、

 もちろんスピードは出せません。

 報道されていた状況を目の当たりにしました。

 ここまでとは思いませんでした。

 実際目で見ると雪の壁がとても威圧感があります。

 20060129odekake2.jpg

 中央分離帯?に雪の壁が立ちふさがり、

 反対車線が全く見えません。

 湯沢のあたりはカーブが多いため、

 先導車が前を走り40kmで徐行することに…。

 20060129odekake.jpg

 滅多にみられるものではないので、

 沢山写真を撮ってしまいました。

 新潟を出るまでかなりの時間がかかりました。

 でも、事故なく無事に帰ってこられて良かったです。


 しかしながら、この豪雪に苦しんでる人も沢山いると思うと、

 心が痛みます。


 主よ、豪雪地帯にお住まいの方をお守り下さい。
posted by もち at 23:58| Comment(14) | TrackBack(0) | 新潟のいいところ?
この記事へのコメント
ぉお〜っ!!高速道路に雪壁とはっ!?
初めて見ました。
すごいなぁ(・・;)
事故もなく帰ってこられてよかったですね(^o^)
お出かけに行き先はディズニーランドですかぁ?
Posted by daisukichipmink at 2006年01月30日 00:34
本当に雪国くんだりまできちゃったんだなぁ。こちらには何と、ある文学の教科書に川端康成の雪国が入っていました。そのクラスでは、雪国、あるいは川端の作品を扱う保障はありませんが、一応俺はこちらの人に、冒頭のオリジナルバージョンをお聞かせしました。

「トンネルを抜けると、雪国だった。」
あと、その本には魯迅も入っていました。
Posted by はなけん at 2006年01月30日 10:32
まさにこの画像・・わたしの実家のほうです(T_T)お正月帰るとき、新潟市を出て、三条、長岡・・とみるみる雪が増えていくのがたまらなくいやでした(笑)
Posted by joy0921 at 2006年01月30日 16:41
お久しぶりです♪ライフのあーちゃんだよー。わかるかな?うーさんのブログから雪の壁をみたく参上しました。ほんとにスゴイね!!無事に着いたのに感謝だね♪いつまでも夫婦ラブラブでいいね〜♪
Posted by あーちゃん at 2006年01月31日 01:25
 daisukiさん こんばんは!
 高速道路に普通こんなに雪は積もらないですよね〜。ほんとにビックリでした。雪国ならでわです。
 本当に、事故無く無事に帰って来れたことが一番感謝なことでした。
 行き先は、大正解です!!
Posted by もち at 2006年02月01日 23:50
 はなけん こんばんは!
 今回の学びは学生の頃(今もはなけんは学生だけど)と違って文系なんだね。川端康成とはまた渋い!「トンネルを抜けると雪だった。」
実は携帯のムービーで撮ってしまいました、トンネル出るところ、ほんとトンネル出る瞬間はすかーっと真っ白な一面が目の前に広がり、気持ちのいい瞬間なんだよね。
 はなけんも新潟に来ることが合ったら体験できるといいね〜。

Posted by もち at 2006年02月01日 23:55
 joyさん こんばんは!
 joyさんの実家は新潟県のこちら側だったですよね。もちの予想としては、六日町のあたりかな?と思っているのですがどうでしょう?
 でも、実際住んでる人にとっては雪は面倒なものですよね。朝起きて20センチとか積もってると車の雪下ろすのにうんざりですから…。同じ新潟でもこうも違うのかと…。写真の地域は凄すぎます!
Posted by もち at 2006年02月02日 00:00
 あーちゃん こんばんは!
 わかりますとも、先日は献堂式で、ライフチャペルのみなさんにお会いでき、みんな元気そうだったので、とても嬉しかったです!最近うーさんからあーちゃんのブログのうわさは聞いていましたので、今度、新潟Blog!!にリンク貼らせて下さい。(かってに貼ってしまいますが…。)ご主人のけいちゃんによろしくです!
Posted by もち at 2006年02月02日 00:10
凄い雪だったね〜(≧ω≦)bびっくりしちゃいました!!うーさん、新潟県生まれだけど初めての白壁体験でしたよ〜。高速道路にこんなにあるなんてめずらしいのだ〜!!
でも、貴重な体験で著とワクワクq(。・ω・q)゙キドキでした。
Posted by うーさん at 2006年02月03日 17:20
 うーさん こんばんは!
 新潟抜けるのに3時間半くらいかかったのははじめてじゃないかな?こんな光景も初めてだけど、このところまた雪が降って更に積もっているらしいね、大丈夫だろうか新潟県は今年も散々です…。でも、この日は事故無く無事に帰ってこれて感謝だったね。
Posted by もち at 2006年02月07日 00:31
I’m not sure where you're getting your info, but great topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for excellent information I was looking for this info for my mission. Download Anime https://www.youtube.com/watch?v=QhQE2X39BLA
Posted by Download Anime at 2013年08月05日 23:15
Hi there, just became aware of your blog through Google, and found that it's really informative. I’m going to watch out for brussels. I’ll be grateful if you continue this in future. Lots of people will be benefited from your writing. Cheers! Infestation Survivor Stories Keygen https://www.youtube.com/watch?v=AX14fuQlyQ0
Posted by Infestation Survivor Stories Keygen at 2013年08月06日 20:10
特にナッパ天然皮革はそれのためのキラキラまだ完全沈黙最もadidaseanと美しい靴のペアを着用することに人気があるタイプを持っているこれらのブランドのものを買うの良いところは、それらが製造されていることでもある良好な社会的マナーです最後に、あなたが自分の時間のいずれかで名誉のデザインを決める場合には、さまざまな衣装で、昼と夜にそれらを身に着けることができるようになります と担当者を追加します:エイミーも仕事からサックス[フィフスアベニュー]の通りを渡って歩いた彼女のドレスを買うとする靴?<a href="http://gquz3kyxb2.d4vid.com" title="プリンタ インク 詰まり">プリンタ インク 詰まり</a>は、世界のトップデザイナーの一人とみなされ、コレクションから購入している女性たちはスタイルと快適さを愛しています。 女性が長く働け、活躍できる会社体制を推進中 (Loca bsiness)ファン数(2013年度、2014年度合算値) : 170人 (うち 男性 : 約112人 女性 : 約58人 ※)「スマイキー株式会社新卒採用」ライバル<a href="http://ts4zfy0b2.d4vid.com" title="キャノン インク bci">キャノン インク DBE27C120BC21EDF803E176AC4C03F53 bci</a>数 : いいね! モンスターズインク サリー 衣装 http://2jad7q81.d4vid.com
Posted by モンスターズインク サリー 衣装 at 2013年08月30日 06:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/305736
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加しています。
二つのランキングをメインにしていますので、
ワンクリックの応援よろしくお願いします。
       ブログランキング・にほんブログ村へ

新潟Blog!! トップページへ >>