2006年01月24日

もちの誕生日!! ‐日記‐


 今日は誕生日!! ですね〜

 ただただ主に感謝です。

 この年まで主が見守り、主が養い、主によって生かされ、

 ここまで来れたことを心から感謝します。

 「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、

  鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、

  主と同じ形に姿を変えられていきます。

  これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」

 第二コリント3:18

  わたくしもちは小さい頃から体が弱かったらしく、

 6歳くらいから小児喘息を煩わしていました。

 母親いわく、「20歳まで生きられるかしら?」

 と言うほど?体は弱かったようです。

 しかし、主は私を強め、小児喘息も癒してくださり、

 風邪は良くひきますが、

 健康が与えられ、会社での健康診断も良い結果が多く

 素朴ではありますが、

 日々を歩んでゆけることが本当に感謝です。

 
 国によっては、生活することが厳しいところもあります。

 日本のような恵まれた環境に生まれ、

 不自由なく生活できることも本当に感謝です。


 また、更に大きな祝福として、

 人生を共に歩むことが許されている、

 愛妻、うーさんとめぐり合い、結婚し、

 支え合いながら共に生活することができる祝福を、

 心から感謝します。


 そして、なによりも主が私と共に歩んでくださり、

 神の愛と赦しをわたしに示してくださったことを、

 心から感謝します。

 私のような罪人であり、

 何の取柄も無い者を見捨てず、見放さず、

 愛する子供として扱ってくださり、

 永遠の命を与え、共に歩んでくださり、

 神ご自身が私を愛し、赦しを与えて下さることを、

 なによりも感謝したいと思います。


 今年の年間聖句は最初に書きました、

 第二コリント3章18節です。

 昨年もこれでしたが、今年も同じです。


 自分の気質、頑張り、努力ではなく、

 神の聖霊の力によって、

 主イエスのご性質に変えられていく、

 聖霊の力によって、

 愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制

 の実を結ぶものとさせて頂くことが今年の目標であり、

 いつも心に留め置きたいことです。

 さらに現実の生活の中で、

 聖霊により頼んで歩んでいきたいと思います。


 実際は自分勝手で自己中心でわがままな性質の私に、

 主の力が臨みおおって頂きたいです。


 主にのみより頼む生活が基本となりそうです。

 聖書の言葉が今も生きておられる主によって、

 私の身の上に現実に更に働いて頂きたい。

 と思います。


 私のような罪人、役に立たなかったものでも、

 主の力によって、愛する者、喜ぶ者になれる現実を、

 更に味わえる1年であったら感謝です。


 主は与える備えはいつでもできてると思うので、

 もっと聖霊により頼んでゆきたい。と思います。

 決意表明だけでなく、実際生活で実践していく者へと、

 進んで行くことが今年の課題です。


 主よ、私が生まれてから今日この日まで、

 導いてくださったことを心から感謝します。

 これからも共に歩み導いて下さい。アーメン



 おまけ
 20060124motimoti.jpg
 ↑うーさんがくれました。(以前)もちもち食感の蒸しパン
posted by もち at 23:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
(○ゝ艸・○)ΗДРРУ☆ВΙЯТΗDДУ♪もちさん!!
もちさんの体が守られ強められて、もちさんと一つ屋根の下で暮らせる今が感謝です!!
今年一年、もちさんに沢山の祝福が与えられますように〜!!(≧∇≦)ノ
Posted by うーさん at 2006年01月25日 00:04
 うーさん こんばんは!
 早速コメントありがとう!
 本当に感謝だね〜 これからもよろしくね〜、
 どんな1年になるのかな〜、主にゆだねます。
Posted by もち at 2006年01月25日 00:14
こんばんは〜☆彡
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございますv(≧∇≦)v
罪人だなんてぇ…愛する人と一緒に健康に暮らせることってすばらしいですよぉ(o^∇^o)ノ
そんな幸せがある世界を歩める方が罪人なら私は罪人でも悪魔でも望んじゃいます(=^o^=)
これからも、お二人仲良く100才を目指してください(´▽`)

ps.NSXではありません→NSR250ですよ(^_^)b
Posted by daisukichipmunk at 2006年01月26日 02:02
 daisukiさん おはようございます!
 ありがとうございます(⌒〜⌒)ニンマリ!!
 考えてみると夫婦で歩めることは、本当に素晴らしいことですね。忘れないようにしないと…。感謝です!
 もちの場合、罪人と自覚してイエス様を信じて歩み始めてからの方が、それ以前より沢山良いこと(祝福)があったように思います。イエス様と共に歩めることはとっても素晴らしいことです。
 二人で仲良く100才めざそっかな〜。って後何年だ…。

 NSR250だったんですね、NSRってかなり速いバイクでは…。
Posted by もち at 2006年01月27日 07:16
もちさん、お誕生日おめでとうでした!
いーですね♪「愛妻・うーさん」のところが!
とっても素敵なご夫妻でこちらもうれしくなります。お二人で神様の香りを放っていて、素晴らしいですね!
これからのもちさん&うーさんの歩みの上に神様の祝福がたーんとありますよう、お祈りしています!
Posted by みのりん at 2006年01月27日 09:48
誕生日おめでとう。セギル・チュッカハムニダ。生日快楽。Happy Birthday. コメントが遅れちゃったな。

それより、うーさんって・・・。新潟でのおかみさんの呼び名か。ちょっとびっくりだね。誰かと思ったが、俺もここじゃうーさんにしてこう。

何はともあれ、こうして御夫婦で誕生日がお祝いできるなんて感謝だね。今後ともお祈りします。

どーせなら花火が欲しいがな、すばらしいジャパニーズカルチャーだもんね。
Posted by はなけん at 2006年01月27日 10:37
 みのりんさん おひさしぶりです。
 もちろんうーさんは、「愛妻」でございます。
 つたない夫婦ですが、主にあって歩んでゆきたいです。このような者を導いてくださる主は本当に素晴らしいですよね!
 お祈り感謝です。2人でみのりんさんの祝福もお祈りさせて頂きます。
 
 最近記事書き途中でかなり眠くなってしまい、こちら(もち)のコメントが遅くなってしまい、すみません。


 
Posted by もち at 2006年02月01日 00:46
 はなけん こんばんは!
 そそ、はなけんはうーさんのニックネーム知ってるよね。うーさんの名前の由来は「うーさんのきらきら星」に書いてあるから、リンク先から行って見てください。
 おー花火は日本の文化なんだね〜。やっぱりアメリカ留学していると、日本のいろいろな面が見えてくるんだろうね〜。
 勉強頑張って!!
Posted by もち at 2006年02月01日 00:51
You actually make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be actually something that I think I would never understand. It seems too complex and very broad for me. I am looking forward for your next post, I’ll try to get the hang of it! Anime Download https://www.youtube.com/watch?v=QhQE2X39BLA
Posted by Anime Download at 2013年08月06日 00:25
<a href="http://3wphkqsgt2.drshores.com" title="ヴィトン 長財布 メンズ">ヴィトン 長財布 メンズ</a>探査断面上では反射波は基本的には地層境界と平行して観察されるが、一部にはある反射波が別の反射波にぶつかって終わっているものが見られる。 タグ:exacthandbag、idoRepicas、<a href="http://elda2nk9nu.drshores.com" title="ルイヴィトン コピー">ルイヴィトン コピー</a>のレプリカのハンドバッグ、レプリカ、レプリカのハンドバッグ、レプリカ。 ルイヴィトン バッグ メンズ http://8yk1zpakb.drshores.com
Posted by ルイヴィトン バッグ メンズ at 2013年08月18日 06:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/292027
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加しています。
二つのランキングをメインにしていますので、
ワンクリックの応援よろしくお願いします。
       ブログランキング・にほんブログ村へ

新潟Blog!! トップページへ >>